相続対策|不動産や保険を活用した対策に要注意記事一覧

2015年(平成27年)1月1日より、相続税法が改正されました。改正されたポイントは4つです。目次ポイント1.相続税の基礎控除額の引き下げ改正前の納税対象改正後の納税対象納税額の例相続税法改正の影響ポイント2.相続税率の引上げポイント3.税額控除の改正ポイント4.小規模宅地の特例の改正相続税法改正で納税する必要が増えた?改正における二次相続の増税額とは?相続税改正による増税額早見表小規模宅地等の特...

相続税計算方法自体は、難しいものではありませんので、対策のためにも覚えておいて損はありません。正味の遺産額から基礎控除額を引いた課税遺産総額を元に算出できます。正味の遺産額とは、土地・建物や預金等の財産から借入金や未払金等の債務を引いたものです。生命保険金や死亡退職金は、それぞれ非課税限度額を超えた分が加算されます。そこから基礎控除額を引いた金額が課税遺産総額です。この課税遺産総額を相続人で分割し...

相続や遺贈によって財産を取得しても、すべての人に相続税がかかるわけではありません。一定の金額までは基礎控除額(非課税枠)があり、これを超える場合に相続税が発生します。相続税の基礎控除額(非課税枠) = 3,000万円 + ( 600万円 × 法定相続人の数 )相続した財産が多いほど税額が高額になりますが、財産の評価額を下げる相続税対策によって節税ができます。評価を下げるのに有効な相続財産は、不動産...

被相続人が住んでいた家(土地と建物)を相続する場合、かんたんに分割ができないため、各相続人に不公平が生じやすくなります。誰が、どのように相続するのかを明確に決めてから、相続手続きをおこないましょう。目次家を遺産分割する方法家の相続と手続き家の相続登記のしかた法定相続の場合の必要書類遺産分割協議の場合の必要書類遺言書がある場合の必要書類家の相続登記にかかる費用家の相続対策と遺産分割の方法複数の相続人...

遺産相続のトラブルというと、多くの方は「うちは相続財産が多くないから関係ない」と思うかもしれません。しかし、遺産をめぐるトラブルは、財産の多少にかかわらず発生します。平成27年度の「司法統計」によると、家庭裁判所での遺産分割の事件数は、全国で12,615件にものぼりました。また、遺産分割の事件のうち、認容・調停が成立したものの遺産価額をみると、5,000万円以下の争いが75%以上を占めています。資...

改正前の基礎控除の額は5000万円+(1000万×法定相続人)。という事は、6割にまで縮小された相続税の基礎控除は、資産家ではない、ごく一般的な家庭にこそ影響の大きな改正であることがわかります。何故かと言えば、課税対象者が増加することになるからです。基礎控除の引き下げの影響で、相続税がかかる人の割合が、それまでの約4%から6%位になるだろうと予測されています。5割もの増加です。また、この相続税の基...

被相続人が亡くなると、財産は相続人に引き継がれます。相続財産には、被相続人が所有していた財産(現金、預貯金、株式、不動産など)と、被相続人が亡くなることによって相続人のものとなった財産があります。後者をみなし相続財産といい、生命保険金や死亡退職金が該当します。みなし相続財産は、支払われた段階で相続財産となります。死亡保険金や死亡退職金は、被相続人が亡くなったあとの遺族の生活を守るために支払われるお...

相続税とは、相続や遺贈によって取得した財産が一定の金額を超えた場合にかかる税金で、国に対して支払います(国税)。相続によって財産を継承しても、一定の金額までは税金がかからない非課税枠があるため、実際に相続税を支払うのは一部の人に限られます。相続税の非課税枠はどれだけあるのでしょうか。相続税がかかる財産とは?遺産相続が発生すると、亡くなった人(被相続人)が所有していた権利、義務は、相続人に継承されま...