MENU

相続税の基礎控除額引き下げと課税割合

平成28年12月に国税庁が発表した「平成27年分の相続税の申告状況について」によると、平成27年中に亡くなった人のうちの8.0%が相続税の課税対象者となり、平成26年の4.4%から大きく増加しました。
平成27年1月1日以降、相続税の基礎控除額が引き下げられ、その影響が現れています。

 

相続税の基礎控除額(非課税枠) = 3,000万円 + ( 600万円 × 法定相続人の数 )

 

たとえば、夫が亡くなり、妻と子ども2人が法定相続人の場合、基礎控除額は4,800万円になります。

 

また、東京国税庁(管轄:千葉県 東京都 神奈川県 山梨県)の発表によると、相続税の課税対象者は12.7%にものぼり、平成26年の7.5%から5.2ポイント上昇しています。

 

こうしたデータを見ても、遺産相続や相続税の問題は一般家庭にも無縁のものではないことがわかります。

 

遺産相続と相続人

遺産相続を円滑におこなうためには、「誰が遺産を相続できるか」を知っておくことが重要です。

 

故人の正式な遺言があれば、それにしたがって遺産が分割されますが、遺言がない場合には、民法で規定された人が遺産を相続することになります。
相続する権利のある人のことを、法定相続人といいます。
法定相続人には、遺産を相続できる順位が定められています。

 

順位 法定相続人
- 配偶者
第1順位
第2順位 死亡した人の直系尊属(父母や祖父母など)
第3順位 死亡した人の兄弟姉妹

 

配偶者

死亡した人の配偶者に相続順位はなく、常に相続人となります。
配偶者がいない場合は、第1順位〜第3順位の一番順位が高い人たちが相続人となります。
離婚した場合や、内縁関係の場合は、相続人になれません。

 

被相続人が再婚の場合、前妻・前夫との子も法定相続人になります。
また、養子も実子と同様に法定相続人になることができます。
子がすでに死亡しているときは、その子の直系卑属(子や孫など)が相続人となります。
子と孫がいるときには、死亡した人により近い世代である子が優先されます。

 

直系尊属

第1順位の人がいないときに相続人になります。
父母と祖父母がいるときには、死亡した人により近い世代である父母が優先されます。

 

兄弟姉妹

第1順位の人も第2順位の人もいない場合に相続人になります。
兄弟姉妹がすでに死亡しているときは、その人の子(=被相続人のおい・めい)が相続人となります。
おい・めいもすでに死亡しているときは、おい・めいの子は法定相続人にはなりません。

 

遺産相続と遺言

法定相続人のうち、特定の人に遺産を多く残したい(または、残したくない)場合や、法定相続人以外の人に遺産を相続させたい場合には、遺言書を作成して意志を表明する必要があります。
遺言相続は法定相続よりも優先されるためです。

 

遺言書の形式には以下の3種類があります。

 

  自筆証書遺言 公正証書遺言 秘密証書遺言
作成者 遺言者本人 遺言者本人と公証人 遺言者本人
作成方法 自筆(パソコンでの作成不可) 公証人が口述筆記 遺言者が作成し封印したものを公証人と証人に確認してもらう
費用 かからない 財産の合計額・相続人の数によって決まる 公証人への手数料(11,000円)
証人 不要 2人 2人
メリット

・作成が簡単
・費用がかからない

・公証役場で保管されるため、紛失・改ざんなどのおそれがない ・内容を秘密にできる
 
デメリット

・形式に不備があると無効になる
・相続人に発見されないおそれがある
・裁判所の検認が必要

・証人に内容を知られる
・費用と手間がかかる

・形式に不備があると無効になる
・裁判所の検認が必要
・紛失のおそれがある

 
 

 

遺産分割と不動産

相続財産のほとんど、または全部が不動産である場合は、簡単に分割ができないため、相続人に不公平が生じやすく、トラブルの原因になりがちです。
どのような分割方法があるのかを知っておくことで、相続対策がしやすくなります。

 

不動産には、おもに4つの分割方法があります。

 

  分割のしかた デメリット
現物分割

1人の相続人が単独で取得する
(土地・建物は妻、現金は長女、株式は長男というように、財産の形態を変えずに相続する)

・相続財産の大部分が不動産の場合、相続人に不公平が生じやすい
 
土地を分割後、各相続人が単独取得する ・土地が狭いと分割ができない場合がある
代償分割 1人の相続人が家を単独取得し、他の相続人に現金など相応の財産を渡す

・家の価額に見合うだけの金銭や財産が必要となる
・代償金の原資が不足する場合は、生命保険等を活用して、資金を確保しておく必要がある
・代償財産が土地や株式の場合は、時価で売却したものとみなされ、差益があると所得税や住民税がかかる

 
 
共有分割 家を相続人の共有物として取得する

・将来家を売却する場合に、全員の了解を得るのが困難になることがある
・相続人が亡くなると、権利関係が複雑になる

 
換価分割 家を売却し、売却代金を分割する

・売却価格をめぐる意見調整が困難になることがある
・家の名義変更が必要
・不動産売却益には、所得税や住民税がかかる

 
 

 

二次相続とトラブル

一般的なケースでは、相続は二度発生します。
夫婦のどちらかが亡くなり、その配偶者と子どもが遺産相続をおこなう一次相続と、配偶者が亡くなったときに子どもが相続をおこなう二次相続です。

 

配偶者が相続人となる一次相続の場合は、相続税軽減の特例を利用することができるため、相続税額を少なくすることができます。
いっぽう二次相続では、相続税額が高額になることがあります。
また、子ども同士で遺産相続をおこなうため、それぞれが自己主張を通すことが多くなりがちになり、トラブルに発展することが少なくありません。
一次相続の際に、二次相続のことを考えた対策をしておくことが大切です。

 

円滑な遺産相続をおこなうためには、事前に準備をしておく必要があります。
無料の相続相談サービスなどを利用して、税理士、弁護士、ファイナンシャルプランナーなどの専門家に問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

遺産相続を円滑にする方法とは?記事一覧

相続税は、遺産相続が発生した人すべてにかかるものではありません。一定の金額までは、税金がかからない非課税枠があり、実際に相続税を支払うのは一部の人に限られます。相続税がかかるのは、どういった場合なのでしょう。遺産相続が発生すると、亡くなった人(被相続人)が所有していた権利、義務は、相続人に継承されます。この相続人に継承される権利、義務のことを、相続財産といい、一般的には「遺産」と呼ばれています。相...

遺産相続は、被相続人の死亡によって発生しますが、誰もが故人の遺産を相続できるわけではありません。故人の正式な遺言があれば、それにしたがって遺産が分割されますが、遺言がない場合には、法律(民法)で規定された人が遺産を相続することになります。相続する権利のある人のことを、法定相続人といいます。法定相続人には、遺産を相続できる順位と、相続できる割合が定められています。法定相続人の順位まずは、民法に規定さ...

遺産相続は、相続人全員の話し合いによって分割をおこないます。この話し合いのことを遺産分割協議といいます。遺産分割協議で全員の合意がなされれば、遺産分割が成立しますが、話し合いがうまくまとまらない場合には、家庭裁判所への調停申し立て、調停が不正不成立の場合には、家庭裁判所での審判(審判の内容に不服がある場合には抗告による高等裁判所での審判)によって解決します。平成27年度の「司法統計」によると、家庭...

遺産相続は、相続人全員の話し合い(遺産分割協議)によって分割をおこないますが、話し合いがまとまらない場合には、家庭裁判所への調停申し立て、調停が不正不成立の場合には、家庭裁判所での審判、審判の内容に不服がある場合には抗告による高等裁判所での審判によって解決します。平成27年度の「司法統計」によると、家庭裁判所での遺産分割の事件数は、全国で12,615件にものぼりました。中には、審理期間が3年を超え...

相続財産と聞いて、まず何を思い浮かべるでしょうか?国税庁が平成27年12月に発表した「平成26年分の相続税の申告状況について」によると、相続財産の金額のうち41.5%は土地となっています。また、建物の割合が5.4%であることから、相続財産のおよそ半分を不動産が占めていることがわかります。遺産の分割相続財産(遺産)は、相続人全員の共有財産となるため、通常は分割をおこないます。遺言がある場合は、基本的...

「孫のために遺産を残したい」と考える祖父母は意外と多いものです。孫に遺産を相続させる方法には、どのようなものがあるのでしょう。遺産を相続できる人は誰遺産相続は、相続財産の所有者(=被相続人)が死亡によって開始します。被相続人の財産は、誰でも継承できるわけではなく、相続する権利がある人は、民法によって規定されています。相続する権利のある人のことを、法定相続人といいます。法定相続人は、被相続人と一定の...

遺産の所有者(=被相続人)は、遺言によって「財産を誰にどのように分け与えるか」を指定することができます。遺言がない場合は、法律(民法)で規定されている法定相続人が、被相続人の財産を継承します。法定相続人の順位法定相続人は、被相続人と一定の身分関係にある人に限られ、被相続人の遺産を相続できる順位が決められています。順位法定相続人-配偶者第1順位子第2順位死亡した人の直系尊属(父母や祖父母など)第3順...

相続税の申告や納付が必要な場合、相続人は、相続の開始日の翌日から10か月以内に被相続人の住所を直轄する税務署で手続きをおこなわなければなりません。また、相続税の申告や納税の有無にかかわらず、相続財産を引き継ぐにあたり、相続人はさまざまな手続きをしなければなりません。遺産相続に必要な手続き等(一部抜粋)遺言書の検認遺産分割協議相続の放棄所得税の準確定申告・納税相続税の申告・納税生命保険金の請求健康保...