MENU

生前贈与の活用|プロが教える贈与税の節税方法記事一覧

遺産相続によって財産を取得した場合、その額が基礎控除額(非課税枠)を超えると相続税が発生します。相続税の基礎控除額(非課税枠) = 3,000万円 + ( 600万円 × 法定相続人の数 )たとえば、夫が亡くなり、妻と子ども2人が法定相続人の場合、基礎控除額は4,800万円です。相続した財産が多いほど相続税額が高額になるため、相続税を軽減するための対策が必要になります。おもな方法には、つぎの3つが...

平成27年1月1日以降の相続から相続税の基礎控除額が引き下げられました。相続税の基礎控除額(非課税枠) = 3,000万円 + ( 600万円 × 法定相続人の数 )たとえば、夫が亡くなり、妻と子ども2人が法定相続人の場合、基礎控除額は4,800万円です。相続財産が基礎控除額を超えると、相続税がかかります。この税制改正による影響は大きく、全国的に相続税の課税対象が増えています。平成28年12月に国...

生前贈与とは、生きている間に子や孫などに財産を贈与することです。生前贈与には、暦年贈与または相続時精算課税贈与のいずれかの方法があります。相続時精算課税贈与を選択しない限り、通常の贈与は暦年贈与となります。暦年贈与相続時精算課税贈与贈与者・受贈者親族間のほか、第三者からの贈与を含む60歳以上の父母または祖父母から20歳以上の子または孫への贈与選択不要贈与者ごと、受贈者ごとに選択が必要一度選択すると...

生前贈与の方法にはさまざまなものがあり、それぞれ非課税枠が設けられています。非課税枠を超える額の贈与を受けた場合には、贈与税がかかります。暦年贈与の非課税枠毎年一定額の贈与をおこなうことを暦年贈与といいます。1月1日から12月31日までの1年間に受けた贈与額が110万円以下であれば、贈与税は非課税となります。ただし、長年にわたって110万円以下の贈与を受けている場合は、まとまった金額の贈与とみなさ...

生前贈与とは、生きているうちに子や孫などに無償で財産を与えることです。生前贈与をおこなった分だけ相続財産を減らすことができるため、相続税額を削減できます。贈与される財産というと、現金や預貯金を思い浮かべがちですが、土地・建物などの不動産や有価証券、自動車なども贈与することができます。贈与できる財産現金、預貯金、土地・建物、山林、借地権、貸宅地、貸家、上場株式、ゴルフ会員権、美術品・骨董品、自動車、...

平成27年1月1日以降の相続から相続税の基礎控除額が引き下げられました。相続税の基礎控除額(非課税枠) = 3,000万円 + ( 600万円 × 法定相続人の数 )たとえば、夫が亡くなり、妻と子ども2人が法定相続人の場合、基礎控除額は4,800万円です。相続財産が基礎控除額を超えると、相続税がかかります。基礎控除額の縮小にともない、全国的に相続税の課税対象が増えています。平成28年12月に国税庁...