MENU

相続とトラブル

遺産相続のトラブルというと、多くの方は「うちは相続財産が多くないから関係ない」と思うかもしれません。しかし、遺産をめぐるトラブルは、財産の多少にかかわらず発生します。

 

平成27年度の「司法統計」によると、家庭裁判所での遺産分割の事件数は、全国で12,615件にものぼりました。また、遺産分割の事件のうち、認容・調停が成立したものの遺産価額をみると、5,000万円以下の争いが75%以上を占めています。

 

 

資産家や経営者などは、日ごろから弁護士や税理士などとつきあいがあることが多く、
生前から相続対策をしているケースが少なくありません。いっぽう、一般的な家庭は、被相続人が亡くなってから相続問題に直面するため、トラブルが発生しやすくなります。

 

遺産相続でトラブルになりやすいケースとは、どのようなものでしょうか。

 

相続人同士の関係性が希薄

被相続人の兄弟姉妹や甥・姪(代襲相続)、孫(代襲相続)などが相続人に含まれる場合は、関係性が希薄になりがちです。そのため、全員の合意を得にくくなります。代襲相続のケースでは、相続人同士が遺産分割協議の場ではじめて顔を合わせるケースもあります。

 

遺言書の内容が不公平

不公平な内容の遺言書は、トラブルの原因になります遺産は、遺言書の内容どおりに分けるのが原則ですが、相続人全員の合意があれば相続人が話し合って分割することができます。

 

寄与分

兄弟姉妹の誰かやその配偶者などが、被相続人と同居して長年めんどうを見ていた場合や、介護をしていた場合は、寄与分をめぐってトラブルになりがちです。

 

相続財産が不動産のみ(またはほとんどが不動産)

簡単に分割ができないため、相続人に不公平が生じやすく、トラブルになりがちです。

 

 

相続争いやトラブルを避けるには

相続争いやトラブルを避けるためには、生前から相続対策をしておくことが重要です。円満な遺産相続ができるよう、話し合いをしておきたいものです。

 

相続財産の内容を把握する

相続財産の内容が不透明だと、相続人の間で、隠し財産や遺産の使い込みといった不信感が生じるおそれがあります。被相続人が、生前に財産目録を作成しておくことで、相続財産を明らかにすることができます。

 

遺言書の作成

相続争いやトラブルを避けるためには、被相続人が自分の意志を伝えることが効果的です。自分の意志を伝える方法のひとつとして、遺言があります。遺言があれば、原則として、その内容が優先されます。偏った内容にせず、相続人に配慮した遺言書を作成することが大切です。

 

不動産の分け方を知っておく

相続財産の全部またはほとんどが不動産である場合、どのような分け方ができるのかを知っておくとよいでしょう。

 

相続人同士が相手を思いやる

遺産相続には、お金がからむため、相続人は感情的になりがちです。兄弟姉妹同士で相続争いが起こることも少なくありません。自分の主張のみを通そうとせず、相手の立場を尊重し、譲りあう姿勢を持つことが、円満な相続につながります。

相続税対策には、法律に関する知識だけではなく、不動産や保険など幅広い専門知識が必要です!
間違った方法のため、逆に大きな金額を損していまったという事例が沢山あります。
相続税対策に強い専門家に一度、無料相談してみましょう!

相続税対策